【タコ釣り@淡路島】乗合船で4人で約100杯・2kg越えの大型も数杯!

こんにちは〜 書記係のやまちゃんです。

私たちは、タコ釣り好きの有志の集まりで、大型タコがバンバン釣れちゃうアイテムを開発中です。
このブログでは、その開発過程もあわせてお伝えしています。

さて、2020年6月27日の土曜日、その開発中アイテムの試験の名のもとに、4人でタコ釣りを楽しんで来ちゃいましたー!!

今回は新しい発見もたくさんあったので、少しずつ分けて記事を書きます。
ひとまずこの記事では、どんな状況で、どれだけ釣れたのかと、ちょこっとタコ料理についてお伝えします。

開発中タコボールの釣果はいかに!?淡路島からの乗合船まるかつさんで挑戦!

出発は11:30、淡路島の育波港から、乗合船 まるかつさんに乗船!
まるかつさんは、シーズン中はタコ専用での出船もあります!今回は昼便でタコオンリーでした!

今日はどんなタコとの出会いがあるんでしょうか?良型をたくさんゲットできるでしょうか?期待に胸を膨らませながらいざ海へ!

潮は小潮のいい塩梅。天気も曇り時々ハレでいい感じでした

12:00から釣りをスタート。曇り時々ハレ、無風、小潮いうコンディションで、今回の釣りは水深10~35mの範囲を中心に行いました。

ちょっと話は変わりますが、広い海に出ると、日ごろの悩みが小さなものに思えて、心癒されますよね。

釣り場に着くまでは、写真を撮って、海を眺めたり↓↓

 

結果4人の釣果合計はなんと24620g!2kg越えも多数!

今回は全員、開発中のタコ釣りアイテム、「タコ釣りボール」を使用しました。

こちら、何かというと・・・タコが大好きな匂いや味を濃縮したエキスを、水や海水に触れると溶けだす特殊フィルムで包んだ新しい釣り道具!

過去の使用例からいっても、大物にもアプローチでき、竿頭も狙えるかも?というスーパーアイテム。

タコ釣りボールをどんどん使用していった結果は・・・持って帰った分だけでも4人合わせて72杯、24620gの釣果でした!!

大型は2kg越えが数杯吊り上がるなど、大いに盛り上がりました。

 

 

タコボールとタコを片手に満足げな八木先生の写真は、同船したこーくんが撮影。

 

中には超絶小さいタコもありましたが、大きいタコは30cm越え!みんな十分楽しめました!

 

リリースも含めて100杯近く!帰りはクーラーボックスがパンパンに!

今回持ち帰ったのは、72杯。リリースもさらに20杯以上でかなりの数が釣れました。
感触としては100杯以上釣り上げた感じですね~

基本的にこの日はあたりは悪くなく、タコ釣りボールを使用していない他の同船者の人たちも、タコ釣りを楽しめていただようです。

 

ただ、今回一番数を釣ったのは、実はハセピョン。

 

ハセピョンはタコ釣り1年目さんです。右舷の一番後ろで釣っていたハセピョンが数では一位。

タコボールのエキスが全てハセピョン方向に流れていたからではないか、、と八木先生は予測しています。

次回は3kg越えをバンバン釣り上げてみたいですね!

 

   

タコはその日のうちにタコ飯に!淡路島玉ねぎと合わせると、もう最高!

新鮮な海の幸をいただけるのは、釣りの醍醐味の一つでもあります。一同思い思いの料理に変身させました。

まるかつさんでいただいた淡路玉ねぎも大活躍!
タコとの相性抜群の料理に仕上がり、とても美味しくいただきました。

 

こちらは、チームメンバー、ハセピョンの奥さんが作られたお料理の数々。

タコ飯はネギの緑色とタコのピンク色が映えて、美味しそうですね。

そして、タコ料理に凝りすぎている八木先生のレシピは改めて紹介します=!!


今後のタコ釣りボール開発により熱の入る一同でした!

タコ釣りボールを使用する中で、周りの釣り人の方からもじわじわと反応いただいております。

あんなところやこんなところでタコ釣りボールを手にしていただける日も近い?!

色んな人にお試しいただきたいので、開発陣一同、タコといえばタコ釣りボールと言っていただけるような、良いものに出来るよう頑張ります!

こうやって、100円均一で購入した製氷皿に、タコ釣りボールを並べて取りやすくセットしておくと、船の上で上手に使えます!

詳しくはまた次回~~~~

 

おすすめの記事